商品の梱包発送
  1. TOP
  2. 梱包資材
梱包資材

梱包資材選び

ダンボール、梱包用テープ、緩衝材(クッション材)、ギフトラッピング用品などの梱包資材を準備しましょう。ネットショップで販売する商品の材質、重量や大きさなどによって準備する梱包資材が違ってきます。

ダンボール

発送用に使う梱包材といえば、なんといってもまずダンボールですね。
ダンボールといってもいろいろあります。フルート、ライナー、中芯などの材質違いや、A式、ヤッコ、組箱などの形状違い、クラフト色、白色などの色違いがあります。もちろんロゴなどの印刷も可能です。
フルートには、A、B、Wフルートなどがあり、ダンボールの厚さが違います。Wは、AとBフルートを貼りあわせているのでかなりの強度があり、重量物を梱包するときに使用します。
ダンボールは、ライナーと中芯で、できています。
ライナーは、ダンボール表裏面の紙のことで、C5、K6などがあります。強度はCよりはKが強く、また数字が多い方が強くなります。
中芯は、ダンボールの波形状の部分で120g、180gなどがあり、強度は数字が大きいほど強くなります。 A式は、オーソドックスなみかん箱タイプのことです。ヤッコは文字通り、やっこ凧のような形の一枚もので、四方を内側に折って箱になります。組箱は、いろいろな種類がありますが、ワイン専用のワイン箱のようなタイプもあります。
通常は、Aフルート、C5ライナー、中芯120g、A式、クラフト色を使用するのが一般的です。普段よく目にするタイプがこれです。

紙袋

発送用に使う紙袋は、手提げのついてない紙製の角底袋を使います。コストが安く、保管する場所をとらないという利点がありますが、こわれものには不向きです。
内側にクッション材を加工したタイプや水濡れ防止などの加工を施したタイプの紙袋もあります。

梱包用テープ

梱包用テープには、材質の違いでクラフトテープ、OPPテープ、クロス(布)テープなどがあります。また、テープの色もクラフト色以外にも透明、白色などいくつかあります。他にも印刷入りの印刷テープなどもあります。
クラフトテープは、紙でできているので、いちばん安価です。但し、運送会社の送り状などをテープの上に貼るとはがれる危険がありますので注意して下さい。表面を滑りにくく加工してあるタイプもありますが、少し高くなります。 布テープは、強度があり、しかも手で切れるので便利ですが、コストが割高です。
コスト面、強度面のバランスがいいのがポリプロピレンなどのプラスチック素材のOPPテープです。ただし、OPPテープは手で切れないので効率よく作業するためには、梱包用テープカッターをおすすめします。

緩衝材(クッション材)

緩衝材には紙製緩衝材の更紙、クレープ紙、ハニーペーパーや気泡緩衝材のエアキャップ(プチプチ、エアーパッキン、エアークッションなどメーカーによって名称が違う)や発泡緩衝材のミラマット、YBチップ、ウレタンやスポンジの端材、などさまざまなものがあります。
最近ではリネイチャー、エコスティックなどの環境にやさしいエコ緩衝材も数多く販売されています。
なかでもエアキャップは、使い勝手がいいのでよく使われています。更紙は、くしゃくしゃにまるめて使用します。 また、緩衝材は、かさばるので保管するスペースを確保しなければなりません。

ギフトラッピング用品

ギフト用のラッピング用品は、ラッピングペーバー(包装紙)、リボン、ギフトバッグ、ギフトボックス、シール、セロテープ、ラッピングオーナメントなどを使います。さまざまな種類があるので、いろいろと探して見ましょう。

梱包資材の入手方法

通常は専門の資材会社に注文しますが、専門の資材屋さん以外でも手に入れる方法はあります。
ダンボール箱は、ホームセンターや運送会社などで販売しています。ただし運送会社のものは運送会社のロゴ入りです。
梱包用テープ、緩衝材、ギフトラッピング用品は、100円ショップでも手に入ります。
これ以外にも、梱包資材、ラッピング用品などで検索するとインターネットでもいろんなネットショップで販売しています。

梱包資材調達のポイント

ダンボールは枚数を多く注文すれば単価は安くなりますが、はじめから商品がたくさん売れることはまずないでしょうし、大量に注文するとそのダンボール自体を保管しておくために、それなりのスペースも必要になるので、最初は様子をみるために最小ロットで注文したほうがいいでしょう。また、ダンボールなどへのロゴ印刷などはイメージアップにはなりますが、はじめはできるかぎり経費を抑えることがポイントです。

創業27年の実績。Pマーク取得済で安心。梱包発送代行の共栄物流サービス

▲梱包資材トップへ戻る