ネットショップの開業
  1. TOP
  2. 売れるネットショップ
売れるネットショップ

ネットショップが開業できたら、売れるネットショップを目指しましょう。

売れるネットショップのキーポイント

SEO対策は必須

せっかくいいネットショップを作っても、お客様が見に来てくれないと話になりません。
そこでSEO対策を実行して、自分のネットショップがYahoo!やGoogleなどの検索エンジンでのキーワード検索で上位にでてくるようにすることがもっとも重要になります。
SEO対策のポイントは、ネットショップのキーワードの選び方、HTMLタグの使い方、内外リンクの貼り方、増やし方などですが、まずSEO対策の基本を知るためにも、本を読むことをおすすめします。
SEO対策については、たくさん本が出ていますが、SEO対策はどんどん変化しているので、いつ出版されたものかをチェックし、なるべく新しいものを選び、しっかりSEO対策の基本を勉強しましょう。
しかし、逆におかしな対策をしすぎると自分のネットショップがSEOスパムと見なされ、ペナルティを受けて大きく検索順位を落としてしまうこともあるので充分注意が必要です。

世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本 ~内部&外部対策からコンテンツSEOまで!

SEO対策のための Webライティング実践講座

SEO対策 検索上位サイトの法則52

また、それでもSEO対策の効果が見られない場合は、SEO対策専門の会社もたくさんありますので相談してみてはいかがでしょうか。

 

アクセス解析で効果をチェック

SEO対策をしたら、アクセス解析でその効果を確認しましょう。
アクセス解析は、どこの検索エンジンを使って、どんなキーワードで、いつどのくらいの人がネットショップのどのページへやってきたのかなどを知ることができ、 アクセスアップにつながるいろいろなヒントが隠されているので、研究してみて下さい。
アクセス解析サービスは無料で利用できるものもあります。

アクセス解析 [AccessAnalyzer.com]

Google Analytics

Googleアナリティクス アクセス解析完全ガイド ユニバーサルアナリティクス対応版

 

ネットショップを宣伝する

まずは自分のネットショップをYahoo!やGoogleなどの主要な「検索エンジン」へ登録しましょう。
それぞれの検索エンジンにひとつひとつ登録するのは、結構手間がかかる作業ですが、主要な検索エンジンに一括登録できる「一発太郎」などの便利なサイトもありますので利用してみてはいかがでしょう。
それと多少費用はかかりますがYahoo!JAPANの「ビジエスエクスプレス」の申請は、SEO対策としてもはずせません。

Yahoo!JAPAN「ビジエスエクスプレス」

サーチエンジン一発登録「一発太郎」

また費用に応じて「リスティング広告」「バナー広告」「アフィエリエイトプログラム」などのネット広告を使ったり、「メールマガジン広告」「オプトインメール」「プレスリリース」「ブログ」「SNS」などを利用して自分のネットショップへの集客UPに力をいれましょう。

<リスティング広告>
検索サイトでキーワード検索結果に連動して表示させるテキスト広告。Yahoo!プロモーション広告やGoogleアドワーズなどがあり、掲載内容がクリックされると広告掲載料金(クリック料金)が発生します。表示されただけではクリック料金は発生しません。

Yahoo!プロモーション広告(公式サイト)

<アリィリエイト広告> アフィリエイト広告は、アフィリエイトパートナーに成果報酬を支払うことで、多くのアフィリエイトパートナーサイトでネットショップの宣伝(口コミ)をしてもらえるので、販売の入り口が増えるだけでなく、ネット上でのネットショップの露出度もアップします。 アフィリエイト広告をする場合の費用は、アフィリエイト広告代理店によって違いはありますますが、アカウント開設費(導入費)、基本管理費(月額等)、の他に成果報酬額(広告主が決定)、コミッション(成果報酬額の数十パーセント)などが必要となります。

新サービス続々追加!!A8.net

[PR]登録サイト30万突破!A8.netでアフィリエイトをはじめよう!

<メールマガジン広告> 配信されるメールマガジンの中に挿入するメール広告。

国内最大のメールマガジン広告「まぐクリック」

<プレスリリース> ネットショップの新商品などをマスコミに知らせる広告。

<ブログサービス> ウェブログ(ブログ)をWebサーバで公開・運用するのを代行するサービス。ユーザは申し込むだけですぐに自分のブログを開設し、公開することができる。
通常のホームページと違って更新が簡単なので、売れるネットショップでは店長やスタッフが積極的に更新しているケースが多い。
アメーバブログ、FC2ブログ、twitterをはじめ、たくさんの無料ブログサービスがありますので自分にあったものを選んで下さい。

<SNS> SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)とは、社会的ネットワークをインターネット上で構築するサービスの事で、世界最大の会員数を持つFacebook、日本最大の会員数を持つmixi、動画共有サービスYouTube、などがあります。Facebookなどを活用して多くの人とつながり、ネットショップのファンを増やしていきましょう。

 

クチコミ情報を利用する

ネットの世界は情報をすばやく簡単に入手することが可能です。また最近ではクチコミサイトもたくさんあり、どこでネットショッピングするか迷った時に口コミ情報で決定したことが誰でも一度はあるはずです。
このようにネット上では口コミ情報が有力情報として活用されます。ネットショップの良い評判も悪い評判もすぐに流れます。良い評判を呼んでネットショップを成功させましょう。

価格比較、クチコミの「価格.com 」

コスメ、美容のクチコミサイト「@cosme 」

 

ショッピングモールへの出店

すでにネットショップをもっている場合でも、その他にも楽天などいくつかのショッピングモールに出店したりして販売のチャンスを広げ、売上を伸ばしているネットショップもあります。

〜楽天店長が語る ネットショップ成功の秘密〜

 ■ 経験ゼロでも月商1,000万円も夢じゃない?!初心者・低単価商品でも売れる秘訣とは?
 ■ 女性店長が1人で挑んだネットショップ、その成功の軌跡とは?

続きは資料でチェック!詳細はこちら!

 

 

世界がマーケット

日本国内だけでなく、eBay(イーベイ)や淘宝網(タオバオ)などのオークションサイトを使って海外へ販路を広げる方法もあります。また最近では、日本企業を対象にした中国向けのショッピングモールサイトなども出来てきて、簡単に中国市場に進出することも可能になっています。

eBay個人輸入&輸出 はじめる&儲ける 超実践テク (コレだけ! 技)

 

迅速で丁寧な対応を心がける

リピーターを獲得するためにはアフターフォローがしっかりしていること重要です。
何よりも信頼のあるお店が集客につながります。
そのためには、迅速で丁寧な対応を心がけましょう。
特にメールでのやり取りは顔が見えないので、表現にも充分注意が必要です。
口コミ情報が多いネットの世界では、迅速で丁寧な対応が信頼の高いネットショップとして良い評判を呼ぶきっかけにもなります。

ギフトラッピングは重要なポイント

大切な人への贈り物として購入されるお客様もいますので熨斗やラッピングなどのギフト対応も考えておく必要があります。ギフトは中身も大切ですが、なんといってもラッピングが重要なポイントになります。手間はかかりますがきれいなラッピングでお届けすれば必ずお客様にも喜んでいただけるはずです。

ラッピングのきほん事典―親切・ていねい・よくわかる! (ハッピーライフシリーズ)

 

こちらの共栄物流サービス埼玉センターブログでたくさんのギフトラッピングを紹介しておりますのでお気軽にご覧下さい。

ラッピングブログ|共栄物流サービス埼玉センター

 

注文確認メールと発送報告メール

ネットショップで商品を注文したお客様は、ちゃんと注文できたかどうか不安なものです。 まずは、受注後すぐに注文確認メールをお客様に送って、注文内容が間違ってないかどうかもう一度確認してもらいましょう。
またお客様は注文した商品を心待ちにしているので、商品発送時には運送会社の荷物の送り状番号をつけて、お客様へ発送報告メールを送りましょう。発送報告メールを送ることによりお客様も安心し、またインターネットの運送会社サイトで送り状番号を入力すれば荷物の状況を自分で確認できるようになるので、結果的に余計なお問い合わせを減らせることにもなります。

購入方法をわかりやすく

お客様が商品を購入したい!と思ったときに、まずどうしたら良いのか分からない場合があります。
せっかく商品に興味を持っていただいているのに、とてももったいないことです。
実店舗と違って、店員が接客できるわけではありませんから、お客様に安心して買い物していただけるように、ネットショップの利用方法のページで購入方法(申し込み方法・支払い方法・発送方法など)を細かく注文から商品到着までのフローを解説してあげないといけません。

 〜例〜 図式で分かりやすく説明する

商品到着までのフロー

上記のように図式で説明するのも分かりやすくてよいでしょう。商品購入やお問い合わせにつなげるためにも分かりやすく、使いやすいネットショップであることが大事です。

値段設定と商品説明のポイント

ネットショップはどうしても「お得」というイメージがあります。実際の店舗よりも資金が掛からず、人件費も掛からないという事をユーザーが知っているからです。
ですが、商品の値段は劇的に安く出来るわけでもありません。利益が出なければ商売としては成立しません。
ユーザーにとってネットショップは値段を比較しやすいという利点があります。そこで販売する商品がオリジナルの場合は別ですが、まず競合店の商品価格を調査する必要があります。
価格は安く設定した方が売れると思いますが、単に値段を安く設定するだけでは集客へはつながりません。画像や文章(コピー)で的確に商品の詳細を説明し、かつオススメの点をプッシュしましょう!

[悪い例]
○○のミュール ¥15,800 オススメです!
[良い例]
人気商品!! ○○のミュール ¥15,800!
これからの季節にオススメです!残りわずか、お早めに! 

非常に単純な例ですが、すぐに「買いたい」と思ってもらうコピーを考えましょう。
短すぎず、長すぎず、ターゲットを絞り込んだ表記にする事も意識しなければなりません。

キャッチコピーのハウツー本などを読んで参考にするのもよいでしょう。

「バカ売れ」キャッチコピーが面白いほど書ける本

 

商品陳列の工夫

画像を有効に使う

ネットショップで言う「陳列」とは、商品を撮影して画像を並べ、料金と商品説明文を挿入する事です。商品を手に取る事が出来ないネットショップにおいて、とくに大事なのが「画像」です。見やすく画像を配置することも集客を伸ばすために重要です。

商品撮影

まず商品を撮影するデジタルカメラなどを用意しましょう。最近のデジタルカメラはコンパクトで良いのですが、若干手振れしやすいので手振れ補正機能のあるもの、そして出来れば三脚も用意しましょう。手振れはシャッターを押す指の力で発生するものですから、セルフタイマーで撮影した方が良いでしょう。

商品はなるべく同じ場所や明るさで、背景が無い場所で撮影しましょう。卓上ライトやレフ板を使うと商品に光が均一に当たるように調整できます。どうしても背景が入ってしまう場合には、色の薄い布や大きな紙を背景にして撮影しましょう。物が大きい場合には屋外の何も無い場所で撮影する事をオススメしますが、逆光やハレーションにはお気をつけ下さい。

写真は角度を変えて何枚も撮影しましょう。
例えば同じ靴でも横から見たい場合と正面から見たい場合、ヒールの部分だけアップで見たい・・・と思うのが心情です。ユーザーの気持ちになって丁寧に撮影しましょう。

商品の実物を見せることができないネットショップでは、写真が命といっても過言ではありません。できればデジタル一眼レフなどのいいカメラで撮影したいものです。また、費用はかかりますがプロのカメラマンに依頼したり、商品撮影代行サービスを利用する方法もあります。

ネット通販 売れる商品写真 トラの巻 (玄光社MOOK)

1カット280円から!業界最安値の商品撮影サービス

 

梱包発送代行業者へ委託することで信頼の置ける取引を

お客様と直接顔を合わせることができないネットショップでは、見えないからこそ何よりもお客様との信頼関係が最も重要です。
その為にもトラブルが発生しないよう迅速、安全しかも確実に大切な商品をお客様の手元に届けなければなりません。 しかし、繁盛すればするほど伝票発行や梱包などの物流業務も益々手間がかかり大変な作業になります。
そこで次のステップとして、煩雑になった物流業務を安心して任せられる専門の発送代行業者へ委託し、よりコアな業務に集中することによってお客様との信頼関係を深め、ネットショップをさらに大きく育てていきましょう。

創業27年の実績。Pマーク取得済で安心。梱包発送代行の共栄物流サービス


▲売れるネットショップトップへ戻る