ネットショップの開業
  1. TOP
  2. ネットショップの開業準備
ネットショップの開業準備

ネットショップ販売の商品を決める

ネットショップでは当たり前ですが何を販売するかがもっとも重要です。話題の人気商品、厳選したおすすめ商品など、まず最初にネットショップのコンセプトと販売商品を考えましょう。
しかし、ネットショップで何でも販売できるという訳ではありません。中には販売するのに許可が必要なものがあるのでご注意下さい。
たとえば、医薬品は医薬品販売などの許可、酒類は一般種類小売業などの免許、リサイクルやアンティークなどの中古品販売は古物商の許可が必要です。
医薬部外品、化粧品などを製造して販売する場合は許可が必要ですが、国内の製造販売業者が販売する商品を仕入れて小売りする場合には、許可は不要です。
健康食品などの広告については、薬事法により規制されているので、充分注意が必要です。

健康食品ナビ<東京都福祉保健局>

また輸入品を取り扱う場合は、さらに注意が必要です。食品、食器、ベビー用品などは食品衛生法の規制があり、化粧品は輸入するだけでも化粧品製造販売許可が必要です。
輸入しようとする健康食品に医薬品の成分が入っている場合は、医薬品についての許可が必要になります。
商品を輸入する場合は、事前にミプロなどに相談できます。

ミプロ 輸入に関する相談

eBay個人輸入&輸出 はじめる&儲ける 超実践テク (コレだけ! 技)

中国Amazon輸入 アリババ・タオバオから仕入れる

 

メーカーや卸業者などの仕入れ先を情報誌やネットで検索したり、展示会に出かけたりして仕入れルートを確保しましょう。

ネットで仕入れならDeNA BtoB market

健康美容EXP 健康食品、美容の商材探し

ギフトネット 展示会情報 

 

ネットショップを作る

ネットショップを作る場合は、楽天などのショッピングモールに出店する場合は別として、サイトをアップロードする為のレンタルサーバーと決済を管理する為のショッピングカートが必要となります。
ショッピングカートには「ショップサーブ」「MakeShop」などショッピングカートはもちろんレンタルサーバー、ドメインの取得や決済代行サービスまでネットショップ開業に必要なものが全て備わっているサービスが多く、ショップのテンプレートもいろいろあるので比較的簡単にネットショップを作成することができます。

今なら資料請求で成功事例集プレゼント中!

ネットで簡単に自由に楽しく開店!月々0円で始めるネットショップ【MakeShop】

あの有名ショップも【カラーミーショップ】を…。

試験的にネットショップを開業してみたい人には、何と無料でしかも簡単にネットショップを開業できる最適なサービスなどもあります。
おまけに、ネットショップの商品を無料でFacebookにも掲載することができるものまであります。

Facebook対応のかんたんネットショップ開業【イージーマイショップ】

無料ネットショップ開業「BASE」

STORES.jp

 

すでにWebサイトを開設してあってショッピングカートだけが必要だという場合はこちら。

SHOP-Maker

サプリやコスメといった商品の会員への定期通販を始めるのであれば、リピート通販に特化したシステムもあります。

カート付リピート通販システム「たまごリピート」

 

■ネットショップ開業総合サービスを使う(オススメ)

ネットショップ開業ならショップサーブ

ネットショップを出店するためのレンタルサーバーやドメイン管理、作成、管理をするためのシステム、クレジットなどの決済サービス、これらをネットショップが開業に必要なものをオールインワンで提供するサービスです。
さらに丁寧なサポートがついているものもあります。

ネットショップ開業ならショップサーブ

 

レンタルサーバーを借りる

ある程度サイト構築の知識があり自力でネットショップを作成する場合は、レンタルサーバー(ホスティングサービス)とショッピングカートを個々に契約することになります。
レンタルサーバーには、共用型と専用型がありますが、最初は料金の安い共用型で充分だと思います。
ネットショップ向けにオプションでショッピングカート、受注管理・データベース作成、クレジットカード決済代行サービスなどの機能をもった便利なレンタルサーバーもあります。
また、個人情報を扱うネットショップでは、メールウイルス駆除サービスやクレジットカード情報などのデータを暗号化するSSLサービスは不可欠です。
レンタル料は、共用型であれば月額で数千円台ですが、容量や機能が不足していないか充分に調査して、ご自分のネットショップに最適なサービスを探しましょう。
また、WordPressでネットショップの制作を考えている場合は、利用できないレンタルサーバーもあるので確認が必要です。

ジュース1本分でレンタルサーバ

ロリポップ!なら初心者でも安心!

WordPressが簡単・すぐに使える『レンタルサーバーheteml(ヘテムル)

WADAXレンタルサーバー

国内最大級「GMOクラウド」のレンタルサーバー

 

ドメインを取得する

オリジナルのアドレス(例えば当HPの .com)を取得した方が見栄えも良いですし、認知度も高くなります。ネットショップ名で取得できればベストですが、すでに取得されている場合は、あまり長過ぎない、かといってありきたりで間違われないドメインを取得しましょう。
ドメインは、「com」「co.jp」「jp」などのTLDによって料金が違いますが、だいだい年間数千円です。TLDによっては、条件が制限されているものもありますので注意して下さい。
空アドレスの検索・取得は「お名前.COM」などのドメイン登録サービスでできます。

【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com

 

ネットショップの決済方法を決める

商品のおもな決済方法には、郵便振替、銀行振込、代金引換、クレジットカード決済、コンビニ決済などがあります。
郵便振替、銀行振込、代金引換については、導入費用がかからないというメリットがあります。 尚、代金引換については運送会社との契約が必要です。
また、クレジットカード決済、コンビニ決済については、クレジット会社などと直接契約するのは大変なので、決済代行会社と契約するのが一般的です。その場合、導入費や基本使用料などの固定費と手数料を支払うことになります。 尚、決済代行会社によっては導入費が無料のところもあります。
また、クレジットカードの審査に1箇月ほどかかってしまうので、そのへんも頭に入れて準備しましょう。

 

ショッピングモールへの出店

圧倒的な集客力があって、初心者でも手軽にネットショップを開業、運営できるという点では、楽天やyahoo!ショッピングストアなどのショッピングモールに出店するのも選択肢のひとつです。
ショッピングモールを利用する場合、別途ドメイン取得、レンタルサーバーやショッピングカートなどを準備する必要がなく、素人でもある程度簡単にネット通販を始めることができます。
しかし、ショッピングモールで最大規模を誇る楽天などに出店した場合、モール内での価格競争は激しく、またその膨大な数の店舗がある中で自分のショップページに顧客を誘導する為には、それなりの広告費用がかかることも確かです。

〜楽天店長が語る ネットショップ成功の秘密〜

 ■ 経験ゼロでも月商1,000万円も夢じゃない?!初心者・低単価商品でも売れる秘訣とは?
 ■ 女性店長が1人で挑んだネットショップ、その成功の軌跡とは?

続きは資料でチェック!詳細はこちら!

 

 

特定商取引に関する法律に基づく記載事項

商品を紹介するページ以外にもお客様に安心して買い物をしてもらうために、ショップの利用方法、個人情報の取扱い、特定商取引に関する法律に基づく記載事項、などのページも必要です。
ネット通販は、記載内容が不十分であったり、不明確だとお客様とのトラブルの原因となるので、特に特定商取引に関する法律に基づく記載事項は、それらを防ぐために「特定商取引に関する法律」で、販売条件の表示を義務つけられています。
全てのネットショップに必ずあるものなので、いろんなサイトを見て参考にしてみて下さい。
事業者名の氏名、住所、電話番号、メールアドレス、販売価格、送料、その他負担金額、代金の支払い時期・方法、商品の引渡し時期、返品条件などがおもな内容となっています。
事業者名は、ショップ名、サイト名などは不可です。個人名、法人の場合は、正式な会社名、及び代表者名か責任者名の明記が必要です。
住所は、番地まで、マンションなどの場合はマンション名まで表示します。
ちなみに住所を貸してくれるバーチャルオフィスサービスなどを利用すると、ショップの住所を渋谷、銀座などにすることもできますし、女性の一人暮らしの場合などでも自宅の住所を使わなくてよいので安心です。

SOHO・起業家・週末起業家が使うバーチャルオフィス

電話番号は、受付時間なども表示しましょう。
とくに返品条件は、受付期間、返品方法、返品時の送料などについて、具体的な表示が必要です。

経済産業省の「特定商取引に関する法律のページ」